all on 4のインプラント治療の概要

all on 4のインプラント治療の概要

all on 4と呼ばれるインプラント治療は名前からも推察できるように、最小4本のインプラントを上顎または下顎に埋め込むことで12本という全体をカバーできるという方法です。
従来では上顎は特に骨が軟らかいことが多いため、必要な歯の分だけインプラントも必要になると考えられてきました。
しかし硬い部分もあり、この硬い骨を使って長いインプラントを斜めに挿入するという発想が生まれました。
この方法はポルトガルのDr.パウロ・マローが開発し発表した技術です。
そしてDr.パウロ・マローのもとで技術を学んだ専門家が世界中にその方法を広め、現在日本でもこの治療法が行われるようになってきています。
そしてメリットも多いことから今後日本でもさらに普及していくと考えられます。
このall on 4の技術では従来のインプラント治療とは異なり、インプラントを斜めに埋め込むことによって1本にかかる負担を均等になるようにしています。
そしてインプラントを支えるフレームと連結し、一体となって支える構造になっています。
実際には前歯部分に2本と、奥歯の骨が丈夫な位置から斜めに2本埋め込みます。
手術は基本的に1日で終わり、状況が良ければ仮歯を装着したインプラントを埋め込んだ日にすぐにものを噛むことができるようになります。

    Copyright(C) 歯科インプラント治療の最注目all on 4 All Rights Reserved.