従来のインプラント治療とall on 4

従来のインプラント治療とall on 4

 インプラント治療は歯を失ってしまったところに、骨そのものを土台として人工の歯であるインプラントを埋め込む治療です。
外科的な手術が必要であることからリスクはあるものの、手術が上手くいけば自分の歯と同じようにものを噛めるようになることや見た目の美しさなどメリットも多くあります。
しかし従来のインプラント治療では上顎または下顎の治療を行う場合最大14本という本数が必要で、治療そのものにかかる時間や期間はもちろん費用面での負担も大きいものでした。
手術はまずインプラント部分を顎の骨の中に埋め込み、そのインプラントが骨としっかり定着するまでの数カ月間の期間を置きます。
この際骨の量が少ない場合には骨を作る手術も必要になります。
そしてその後、埋め込んだインプラントが定着したらその上のかぶせる歯の部分を装着していきます。
手術は局所麻酔を用いて行うので痛みはありませんが、術後の腫れなどもありました。
これらのことからインプラント治療を受けたいと考えても結局断念することも多く見受けられました。
しかしインプラント治療の中でも近年注目されるようになってきたall on 4という方法では、最小の場合4本で12本の歯を支えることができます。
そのため従来ならばインプラント治療をあきらめていた患者も治療ができるようになってきています。

    管理人のお薦めWEBインフォメーション

  • 自然な動きが可能で、曲げ伸ばしにもほとんど限界がなくてすむ人工の膝関節手術を考えているなら、筋肉や腱への負荷を最小限にとどめ、手術後の痛みも少ないのでオススメです。

Copyright(C) 歯科インプラント治療の最注目all on 4 All Rights Reserved.