all on 4のデメリットや注意点

all on 4のデメリットや注意点

従来のインプラント治療を大幅に進化させたと言われるall on 4ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。
今回は、そうした注意点をご紹介しましょう。
まず一番にあげられるのが、この治療法を行える歯科医院はまだ数が少ないといったことでしょう。
非常にメリットのある治療法ですが、同時に大変歯科医の技量が必要な方法でもあります。
また、歯科医の総合的な知識と経験も必要なことから、どうしても取り扱う歯科医院が限られてしまうのです。
また、治療の際にも注意しなければならないことがいくつかあります。
たとえば、天然の歯や総入れ歯では奥歯の7番目まで歯が並んでいますが、この治療法ではその一番奥の歯を入れることができず、6番目までを並べてあります。
このことで多少噛む力が落ちる可能性がありますが、しかし最大を100としても80以上の力があるとされていることから、特別大きな問題ではないでしょう。
また骨質や骨量によって、この治療法にそぐわないケースがあります。
元来この治療法が西洋の医師が開発したものということもあり、西洋人向けの側面は否めません。
こうしたことから、西洋人とは骨量や骨質に違いがある日本人には稀に治療に適さないこともあるのです。
しかし、それをカバーできる治療方法も新たに開発されていることから、その場合は歯科医師と相談して総合的に判断すると良いでしょう。

    運営者の必見サイト情報

  • じっくりと話を聞くことで、一人では解決できない心の悩みや不安を一緒に話し合ってくれる精神科を名古屋で探しているなら、認知行動療法に加え、自律訓練療法を行ない改善に導いてくれるのでオススメです。

Copyright(C) 歯科インプラント治療の最注目all on 4 All Rights Reserved.